Nagoya Talents' Network - blog

ブログ:Posts list

2011/11/28

今日のヒーロー

こんばんは市川です。静岡県東部の富士駅でEF66型100番台電気機関車を発見しました。この機関車については度々このブログで書いてきましたが、ふと気がついたのですが、このEF66型100番台が早くも東海道本線で最古参になっていることを。(といっても平成元年〜3年に製造)EF66基本番台や65型(これらはブルートレインの機関車として活躍しました)が次々引退、JR東海さんのEF58、64も引退。後輩の電気機関車が次々登場するなかこのEF66型100番台は頑張っています。しかし、今年に入って、後輩のEF200型に引退した車両が出たのは運命のイタズラでしょうか。わずかな時間でしたが、少し物思いにふけってし Read more...
2011/11/26

うどんじゃないよ

こんばんは市川です。名古屋といえばきしめんですが、今日の写真のやつは「うどん」ではなく「つけラーメン」です。でも太さがうどん並みで、ボリューム満点。かなり満腹になりました。あとよだんですが、私が住んでいる静岡県の東部には「つけナポリタン」というご当地グルメがあるので、静岡県に来たときは、富士宮焼きそばも含めてぜひとも食べてみてください。
Read more...
2011/11/25

ラッキー

こんにちは市川です。現在、クイズマジックアカデミーというアーケードゲームでゲーム5回でくじ引きができるキャンペーンが開催されてあるのだけど、当たりが出たらゲームのキャラクターのピンバッヂがもらえます。んで、私も早速チャレンジ。そしたら、なんと一回目であたり。調べたら、当たりの確率は約90分の21。これって、ラッキーですよね。
Read more...
2011/11/24

オバケ腕時計

こんばんは市川です。またまた腕時計ネタですが、今回はちょっと違った腕時計です。リュウズが2個、針が4本ついています。なんとも変わった時計ですが、実はアラーム機能がついています。デジタル時計ならアラーム機能はついていて当たり前、クォーツ時計でも搭載されているものもありますが、これらは昭和30年代の手巻きです。このため、聞きなれた「ピピピピッ」という電子音ではなく、「ジジジジッ」というアブラゼミの鳴き声ような音が出ます。いまひとつピンとこないかもしれませんが、構造はゼンマイ式の目覚ま時計とほぼ同じです。しかし、ゼンマイ式の目覚まし時計はベルを叩いて音が出ますが、腕時計はケースの裏蓋を叩きます。このた Read more...
2011/11/23

今日のヒーロー

こんにちは市川です。行き付けの駅で見掛けたDE10形ディーゼル機関車。貨物を扱っている駅なら一台は見ることのできる機関車です。同じDE形でも、作られた時期や用途によって、基本形式(DE10)入れ換え専用(DE11)、ラッセル車(DE15)など 種類があって、楽しいですけど、廃車も多くなり、最近は後継の新型ハイブリッド機関車もできということで少し心配ですが、どこにでもいるフツーの機関車として、1日も長く活躍してほしいと思います。こいつは鉄道界の名脇役といえる存在だと思います。
Read more...
2011/11/22

不思議なこと

こんばんは市川です。バイト帰りに久しぶりにゲーセンに。人気アーケードゲームをやったのですが、対戦相手がすべてコンピューターというパターンに遭遇。開店直後や閉店まぎわにはこういうパターンはあるらしいですけど、昼間(夕方)はもしかして珍しいのではち…。偶然遭遇したちょっと不思議な体験でした。
Read more...
2011/11/19

こんなこともありました

こんばんは市川です。ロールプレイングの仕事も一段落つきましたが、出張中トンデモナイ出来事もありました。写真に「女性スタッフ…」という文字が写っていますが、(これ以上写すと、会社名とか写ってしまうため、この程度の写真にしました)これは何かというと、夜、駅前を一人で歩いていたら渡された、女性向けアルバイトのチラシです。フロアレディ募集…。このチラシどこを見ても男性向けの広告やアルバイトは書かれていません。…またですか(女性に間違われた)。以前にも女性向けヘアサロン等のチラシはもらったことはありますが、「飲み屋」系は初めてです。もちろん、出張中なので夜でも個人的なネタの女装はしていませんでした。う〜ん Read more...
2011/11/16

本当の戦いはこれから

こんばんは市川です。最近、私のブログが時計ブログになりつつありますが、今日の時計たちは、先日のフリマの時計の山から堀あてたものです。ただ、本当の戦いはこれからで、果たして復活するかということです。針が外れたり、文字盤が壊れていれば、諦めて部品取り…にしますが、一番厄介なものが、回りはキレイだけど機械が大変なことになっているものです。こういうものは、裏蓋を開けるまでわからないため、開けて愕然とすることもしばしば。特にガッカリさせられるものが、先日の19セイコーにあった「天真折れ」(修理困難)と、中がひどい錆びだらけ(修理不可能)。もうひとつマニア泣かせは、裏蓋を一度も開けたことがなく(製造されてか Read more...
2011/11/14

届きました

こんばんは市川です。先日の19セイコーが届きました。んで早速、機械部分を調査。上の写真が機械ですが、私たちマニアにはこの機械部分をみているだけでも楽しいです。幸い欠品部品もなくキレイな状態です。機械の向かって右側のギザギザの歯車みたいなのが「天賦」、その中心部分が「天真」機械式時計の心臓部です。機械の下半分に小さな赤く円いものが数個見えますが、これが時計の石です。よく17石とか、24石などという意味不明な言葉が古い時計には出てきますが、これは赤い石の数を現しています。裏蓋には製造番号がありました。85112…一昨日のウンチクでこの時計は昭和41〜46年製造と絞りましたので照らし合わせてみますと、 Read more...
2011/11/13

突撃!

こんにちは市川です。久しぶりにフリマに行きました。んで、目的はお宝の時計をゲットするためなのですが、私の予想をはるかに越えるものを発見。それが写真の物体なのですが、実はこれものすごい量の時計の山です。ちゃんと動くものもあれば、既に壊れてしまったものもあります。しかし、お宝時計をゲットするためには、この量で怯んではいけません。突撃あるのみ。では早速行ってきます。
Read more...
Pages: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107